調査レポート

  • 全て
  • 市況
  • アンケート
  • 予測
  • 特集
outlook

物流施設の賃貸市場に焦点をあて、首都圏および関西圏の需給バランスの短期予測を行った。標準シナリオでは、首都圏の2009年12月時点の空室率は「21.7%」まで悪化。関西圏も同「15.4%」まで上昇。当面は空室率の改善は期待できない予測結果になった。

>> もっと見る

feature

物流施設の供給(着工)のピークは、高度成長期とバブル期である。高度成長期に竣工した物流施設が寿命を迎えつつある。これらの物流施設の建て替え需要を推計すると、日本全国で年間1,000万㎡~1,200万㎡となった。

>> もっと見る

feature

 首都圏に所在する延床面積1万㎡以上の賃貸型物流施設を対象にテナント調査を行った。調査結果から、1テナントの賃貸面積が1万㎡を超える大型テナントが多いことや大企業グループに属するテナントが多数を占めていることが明確となった。

>> もっと見る