よくあるご質問

1. 調査レポートに関する質問

調査レポートの一部を転載できますか?

当ホームページに掲載している調査レポートは、以下の場合を除き、転載することができます。なお、転載する場合は、出所を明記してください。

1) 商用目的(データ販売など)で転載する場合
2) 「無断転載を禁じます」との明記がある部分について、転載する場合

上記(1)(2)に該当する場合、弊社までお問い合わせください。

調査レポートの更新はいつ行われますか?

調査レポートは、①賃貸マーケットに関する調査、②不動産市況に関するアンケート調査、③市況予測、④特集があります。
①賃貸マーケットに関する調査は四半期毎に実施し、調査時点は1月、4月、7月、10月に対し、公表は1ヶ月後の2月末、5月末、8月末、11月末です。②不動産市況に関するアンケート調査は、6ヶ月毎に実施し、調査時点は1月と7月で、公表は1ヶ月後の2月末と8月末です。③市況予測は年一回で、年央(6月から9月頃)に発表しています。④特集は不定期です。

どのように情報を集めていますか?

大きく分けて三つあります。①開示情報の収集・整理、②現地調査、③Face to Faceでのコミュニケーションです。①開示情報の収集・整理では、低コストで網羅的に把握する仕組みを構築し、日々改善しています。②現地調査は四半期毎に実施し、開示情報と現地調査結果を照合することで情報の精度を高めています。最後に③人的な情報ネットワークを活用し、①と②の情報を補完しています。

データの定義に関して教えてください。

各調査レポートにデータ定義を掲載しておりますが、その他ご不明な点がありましたらお気軽に弊社までお問い合わせください。なお、お問い合わせが多い内容は以下の通りです。

Q. 調査地域は?
東京圏は一都四県(茨城県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)、関西圏は二府一県(京都府・大阪府・兵庫県)を対象としております。

Q. 物件規模は?
・需給データ
延床面積または敷地面積※が1万㎡以上の賃貸物流施設を対象としています。
※物流セクターでは、駐車場・トラック待機場・野積倉庫など建物以外のスペースが充実した物件があります。このような使い勝手が優れた物流施設を考慮するため、敷地面積も加味した集計基準を設けています。

・賃料データ
募集面積が1,000㎡以上の賃貸物流施設を対象としています。
※大型クラスの賃貸物流施設では、募集条件が「応相談」が多いため、賃料データの集計では床面積の基準を緩和しています。

2. サービス内容に関する質問

どのようなサービス内容がありますか?

弊社は不動産調査業務に特化しております。また、不動産調査業務には「定型商品」と「個別調査」があります。詳細は「サービス案内」をご覧ください。 その他ご不明な点がありましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。

調査対象地域はどこですか?

地方都市を含め日本全国で調査が可能です。

調査業以外の業務を行っていますか?

調査業のみです。不動産のうち物流セクターが得意分野です。

英語でレポートを作成することはできますか?

可能です。お気軽に弊社までお問い合わせください。

3. 一五不動産情報サービスに関する質問

取材の依頼はできますか?

お問い合わせよりご連絡ください。

一五の由来は?

「一」は代表(曽田貫一)の名前から一字を取りました。また、「五」は五感を表しています。代表自らが先頭に立ち、五感をフル活用して卓越した調査サービスを提供することを宣言しています。なお、第六感を否定するつもりはありません。第六感とは、経験の蓄積から導かれる卓越した洞察のひとつではないかと思います。お客様の直感や閃きをサポートするような調査サービスを提供できれば望外の幸せです。